左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2025年には245億米ドルへ 殺菌剤の世界市場予測2020年5月21日

一覧へ

グローバルインフォメーションは5月20日、市場調査レポート「殺菌剤の世界市場予測 2025年:タイプ (生物製剤・化学薬品) 、作物タイプ (穀類・油糧種子&豆類・果物&野菜) 、作用機序 (接触性・浸透性) 、適用形態 (葉面散布・薬液灌漑・種子処理・土壌処理)、形態 (液体・乾燥)、地域」 (MarketsandMarkets) を発売した。

殺菌剤市場は、CAGR4.6%の成長を予測殺菌剤市場は、CAGR4.6%の成長を予測

レポートによると、殺菌剤市場規模は、2019年の187億米ドルから2025年には245億米ドルに達し、年平均成長率(CAGR)4.6%の成長を予測。同市場は、人口増加にともなう食料安全保障に対する需要の高まりや農法や農業技術の進歩、病気が発生しやすい気候への変動などにより、大幅な成長が予測されている。殺菌剤は作物の収穫量に影響を与える有害な真菌を破壊するために使用されており、作物の損失を最小限に抑えるため、世界中で殺菌剤の必要性が高まっている。

 
◎穀物分野が急成長

作物タイプ別では、穀物分野が急成長。人口の増加とそれに伴う食材への需要は、農薬の必要性を高め、各地で新たな殺菌剤への需要が増加している。栽培されている作物の種類は増えており、様々な地域における殺菌剤の需要は依然として高い水準にあると予測。例えば、米国は穀物の主要生産国であり、欧州は果物と野菜の広範な生産で知られている。2018年の市場シェアは、穀物類が最大のシェアを占め、次いで果物・野菜類となっている。

 
◎収穫後の利用が急速に成長

真菌感染症が作物収穫後の損失に大きく関わっていることから、用途別では、収穫後の利用が急速に成長する。果物と野菜は、主に収穫後に真菌や細菌のダメージを受けるため、収穫後の殺菌剤には、水性懸濁液が頻繁に使われる。この方法は、使用される殺菌剤の量や排水処理に関する問題を軽減する。

 
◎アジア太平洋地域で増える作物需要が成長を牽引

高品質な農産物への要求の高まりが、アジア太平洋地域の殺菌剤市場の成長を牽引すると予測。同地域で生産される主な作物は、米、甜菜、果物・野菜、穀物など。この地域で世界のコメ生産量の90%を消費している。FAO(国連広報センター)によると、アジアの大部分の国では、人口増加を上回るペースでコメの消費量が増えており、今後数十年の間、その傾向は続くと予測されている。

 
【「殺菌剤の世界市場予測 2025年」の詳細目次】

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る