想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

岩手県「めん羊」の取り組み紹介でイベント開催2020年10月19日

一覧へ

(株)料理通信社は11月19日、岩手県産めん羊(めんよう)に関わる地域振興の取り組みについて理解を深める「いわて羊PRイベント~いわてのめん羊の未来を語る~」を開催する。

岩手県「めん羊」の取り組み紹介でイベント開催

畜産県の岩手県では、近年、めん羊を飼養する農家が増えている。休耕地や荒廃農地に羊を放ち、雑草を食べさせることから始まったこの取り組みは、景観の保全や農地の再生にとどまらず、食肉用としての羊の飼養、刈った羊毛の販売など、トータルで資源を生かす取り組みへと広がっている。

同イベントでは、めん羊に関するさまざまな取り組みを若手の畜産農家かが紹介。めん羊のさらなる可能性について意見を交換する。また、めん羊を使った料理も用意しており、岩手県産めん羊のおいしさを実感できる。

開催は、ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィングで15時~17時。参加費無料。

問い合わせは、岩手県農林水産部流通課(電話)019-629-5732。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る