想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農」に触れ収穫の喜び"分かち合う「えん農フェス」開催2020年10月19日

一覧へ

NPO法人農楽マッチ勉強会は、“農”に関わる人口を増やし日本の食料自給率を上げる「楽農プロジェクト」を立ち上げた。その第1弾イベントとしてみんなで楽しく“農”に触れ“収穫の喜び”を分かち合う「えん農フェス」を10月17日の新月から31日の満月までの2週間、オンラインで開催している。

「農」に触れ収穫の喜び

「楽農プロジェクト」は、農楽マッチ勉強会と作家・プロデューサーの山本時嗣氏などが発起人となり、"農"に関わる人口を増やし日本の食料自給率を上げることをめざしている。

「えん農フェス」は、メイン企画として「作家と農家の対談ライブ!」を実施。呼びかけ人でインフルエンサーの作家が農家をご紹介する番組をフェス期間中、毎日12時と19時にYouTubeとFacebookページでライブ配信し、全国の個性的な農家の想いや仕事の話を届ける。

また、10月17日と18日は、全国47都道府県の協力農家による一斉稲刈り&収穫祭を開催。その様子は「えん農フェス」公式Facebookページで写真や動画で配信する。

さらに、エンディングイベントとして「"やさいとワタシ"おもしろ写真コンテスト」(仮称)を開催。フェス期間中、自身で収穫した野菜やお店で購入した国産野菜の写真を撮り、ハッシュタグ【#えん農】をつけて自分の SNS(Facebook、Instagram、Twitterなど)にアップすると、最終日の10月31日に実施する「"やさいとワタシ"おもしろ写真コンテスト」で優秀作品を発表する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る