Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「つばめマルシェ@博多」7月は毎週火曜日開催 JR九州2021年7月5日

一覧へ

JR九州は、九州新幹線を使った荷物輸送サービス「はやっ!便」を活用し、「朝採れ」・「朝水揚げ」の鮮度にこだわった野菜や魚をメインに「つばめマルシェ」を5月から博多駅で開催。7月は、鹿児島から旬の食材などを運び、毎週火曜日に実施する。

九州新幹線を使った荷物輸送サービス「はやっ!便」九州新幹線を使った荷物輸送サービス「はやっ!便」

「つばめマルシェ」は、産地から、新幹線を活用した荷物輸送で当日届く旬の食材など逸品を集めて1日数時間だけ、駅にオープンするマルシェ。生産者が育てる豊かな食材で、食べる人もつくった人も元気になれるマルシェをめざしている。

7月の実施は、6日、13日、20日、27日の毎週火曜日で、15時30分~19時。博多駅在来線中央改札口前スペースで、朝採れ・朝水揚げを中心とした野菜、魚などの生鮮品や、「フレッシュチーズ(各種)」、「安納芋プリン」など鹿児島特産品などを数量限定で販売する。売切れ次第終了。

各回ともテーマを変えて行われ、6日は「鹿児島のいまの旬あつめました!」と題して種子島産の竹の子「にがたけ」を販売。細く長い「にがたけ」は、春と初秋の限られた時期にしか収穫できない旬の作物で、苦みは全く無く、歯ごたえ・食感・食味が楽しめる。

このほか、13日は「鹿児島のお肉が登場!お肉でスタミナをつけよう」をテーマに黒牛、黒豚、地鶏を、20日は「鹿児島茶と甘い誘惑おうち時間」をテーマにお茶・お菓子を販売。また、27日は、翌日の土用の丑の日を前に、「土用の丑の日。マルシェで元気になろう!」と題して鹿児島県産うなぎを販売する。

名前と違って苦くない種子島産「にがたけ」名前と違って苦くない種子島産「にがたけ」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る