BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

屋内農業市場 2021年から2026年にかけて力強く成長2021年12月7日

一覧へ

グローバルインフォメーションは11月30日、市場調査レポート「屋内農業市場:世界の産業動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)を発売した。

世界の屋内農業市場は、2015年から2020年にかけて約12%の年平均成長率(CAGR)で成長。今後、2021年から2026年にかけて市場は力強い成長を示すと予想されている。

屋内農業は、保護された環境で作物を栽培する現代農業の一部。屋内農業市場は、世界人口の増加と、それに伴う安定した食糧供給への需要を背景に、世界的に拡大している。従来の農業は、十分な土地と水のある地域に限定されていたが、従来型の農業を支える耕地や水が減少していることから、そのようなニーズから切り離され、より消費者に近い場所で農業を行うことができる屋内農業の需要が高まっている。

市場の成長要因

世界中で農業用の土地が不足していることが、屋内農業の成長を促す主な要因の一つ。世界人口の増加と都市化が進む中、農家は都市部に近い場所に屋内施設を開設し、地域に根ざした安定した持続可能な年間の食料供給を実現している。また、世界各地で干ばつや洪水などの自然災害が増加していることから、食料安全保障に対する懸念が高まっており、それらの国では屋内農業が発展。さらに、農村部では、ハイテクで完全に制御された半自動の温室施設が設置されており、環境に優しい農業が行われていることも、屋内農業の市場需要を押し上げている。

農業用センサー、モニタリングと栽培の各側面を調整する装置の技術的進歩の成長が、この市場の成長をさらに促進。さらに、この技術は、化学農薬を使わずに持続可能な環境で食品を生産することを可能にし、その結果、消費者側から現在強く求められている有機栽培の生産量を増加させている。

主要な市場区分

世界の屋内農業市場は、施設タイプ、作物タイプ、コンポーネント、栽培システムに基づいて分類されている。

市場の競合状況

世界の屋内農業市場における主要な企業としては、AeroFarms、Agricool、Agrilution Systems GmbH、AutoGrow Systems Ltd.、Bowery Farming、Bright Farms Inc. (Cox Enterprises, Inc.).、Freight Farms、FreshBox Farms、Garden Fresh Farms、Green Sense Farms Holdings, Inc.、Logiqs B.V.、Plenty Unlimited, Inc.、SananBio、Sky Greens、SPREAD Co., Ltd.、Urban Crop Solutions、Voeks Inc.などが挙げられる。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る