人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

低炭素アセチレンチェーン確立へ 米TM社と共同研究 実証設備導入契約締結 デンカ2023年5月26日

一覧へ

デンカは、アセチレン製造における低炭素化を実現するための技術確立を目的として、米国のベンチャー企業、Transform Materials(米フロリダ州)との共同研究と同社が展開する設備の導入を決め、5月23日に調印式を実施した。

5月23日行なわれた調印式で。デンカ高橋専務(左)とTM社のRachelle社長5月23日行なわれた調印式で。デンカ高橋専務(左)とTM社のRachelle社長

デンカは2023年度にスタートした8か年の経営計画「Mission2030」で、スペシャリティ、メガトレンド、サステナビリティの3要素をそなえた「3つ星事業」を100%にすることを目指している。また、非財務KPIの一つとして、2030年のCO2排出量60%削減(2013年度比)を掲げており、低炭素アセチレンチェーンの確立を含むポートフォリオ変革を進めている。

今回、契約を締結したTransform Materials社は、マイクロ波プラズマを利用したメタン(炭化水素)からのアセチレン・水素製造技術を保有する米国のベンチャー企業。同社が保有する技術は、カーバイドを原料とする既存のアセチレンチェーンから製造されるクロロプレンゴムやアセチレンブラックなどデンカ主力製品のCO2排出量低減に寄与。また、副生する水素を活用することで、カーボンニュートラルに貢献する新たな取り組みにつながる可能性がある。

化学反応イメージ化学反応イメージ

デンカは、この技術にもとづくアセチレン・水素の製造設備を当社の大牟田工場(福岡県大牟田市)に導入し、同技術の実証とアセチレンの大型量産の実現に向けた技術改良に取り組む。

同社は、2030年までの8年間合計で850億円の環境投資を計画。国内外問わず、サステナビリティに関するさまざまな取り組みを、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて推進する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る