左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

ホムトンバナナ産地のタイで「産直協議会20周年総会」開催 パルシステム2023年11月24日

一覧へ

パルシステム連合会は10月30日~11月4日、国際産直青果「エコ・バナナ(ホムトン)」産地のタイを訪問。タイ・パルシステム産直協議会20周年総会をはじめ、ホムトンバナナ事業30周年記念式典への参加、産地の視察など、生産者と相互理解を深めた。

3日に開かれた産直協議会総会でパルシステムから「兜」を贈呈3日に開かれた産直協議会総会でパルシステムから「兜」を贈呈

産直協議会では、毎年利用者を生産者の総会などに招待し、産地の状況や地域の取り組みについてともに協議し、産地との交流を深めている。ホムトンバナナの産地タイとパルシステムは、1999年から商品の供給を開始し、2000年には産直協定を締結。2003年に産直協議会を発足し、今年で20周年を迎えた。

新型コロナウイルス感染症の影響で4年ぶりの現地開催となった産直協議会総会は11月3日に開かれ、組合員、役職員、産地取引先関係者など58人が参加した。パルシステムからはこれまでの環境保全に配慮した栽培への感謝、産地から引き続きの品質向上や安定した出荷に向けての取り組みが報告。また、20年の感謝の印として「兜」を贈呈した。

パシフィック・トレード・ジャパンのペイソー代表は「ホムトンバナナ事業は、商品があって交流でき、交流があって安心できる。商品を通じた交流をこれからも継続していきたい」と語った。

一般に流通しているバナナは、栽培中に農薬を使い、収穫後も傷まないよう、ヘタの部分に薬剤を塗って出荷することが多いが、ホムトンバナナは、栽培期間中と収穫後を含め化学合成農薬を使用していない。また、産直提携している個々の農家が畑を見てまわり、状態を記録。公式ホームページの生産者番号検索で生産者が分かるなど工夫している。

人と環境にやさしいホムトンバナナ人と環境にやさしいホムトンバナナ

パルシステムの国際産直

食のグローバル化が進むなか、世界各地で効率を優先する食料生産が行われ、生産地では環境破壊や貧困といった問題が発生。こうしたなかパルシステムでは、国内の産直産地と同様に海外の産地とも「産直協定」を締結し、地域の環境や人びとのくらしに配慮した食料生産を広げてきた。今後30年、40年と互いの信頼関係をさらに深め、産直を通じ心豊かな地域社会の実現をめざす。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る