左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業分野の技術革新で連携協定 鹿児島県・東芝・日本食農連携機構2015年4月2日

一覧へ

 鹿児島県と(株)東芝、(一社)日本食農連携機構は、農業分野における技術革新等に関する連携協定を締結した。

 鹿児島県の食、農業、農村に関する政策的資源、東芝の電解機能水等の衛生関連技術、日本食農連携機構の食農分野における知見・ネットワークなど、三者がもつ資源を効果的に組み合わせて、農産物の生産・加工・流通・販売などの各段階で技術革新を起こし、農産物および農業生活活動への新たな付加価値の創出に取り組んでいくというもの
 鹿児島県では、高付加価値型農業の展開に向けて県産農産物の新たな加工・流通技術の研究開発を行う「大隅加工技術研究センター」を4月に新設。連携提携した三者は多種の最先端機器をもつ同センターを基盤として技術開発を行っていくことにしている。

(関連記事)

米の契約生産と販路拡大セミナー 全国4会場で (2015.01.14)

農山漁村のくらしをどう守る 求められる買物弱者対応 (2012.04.09)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る