左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

芋焼酎造りの原点 霧島さつまいも種苗生産センター「イモテラス」稼働開始 霧島酒造2023年10月23日

一覧へ

霧島酒造(宮崎県都城市)が1月から建設を進めてきた、甘藷種苗生産施設が『霧島さつまいも種苗生産センター「イモテラス」』として竣工し、9月25日から稼働開始。芋焼酎造りの原点であるさつまいもづくりから基盤を固めるとともに、持続可能な焼酎造りに向けて、新商品開発のきっかけとなる品種改良を含めたさつまいもの研究開発を推進する。

霧島さつまいも種苗生産センター「イモテラス」施設外観霧島さつまいも種苗生産センター「イモテラス」施設外観

同施設の愛称「イモテラス」は、日本書紀などに太陽神として登場する天照大神(アマテラスオオミカミ)のようにさつまいもの未来を照らす明るい存在になってほしいという想いが込められている。また、太陽のように輝くさつまいもと力強く育つさつまいも苗をイメージした施設ロゴで、明るい未来への想いを表現した。

育苗ハウス内部育苗ハウス内部

「イモテラス」は、種苗の段階における「サツマイモ基腐病」の拡大防止のほか、さつまいもの研究開発を目的とした施設。菌やウイルスが検出されないさつまいもの茎頂を切り出して培養した苗(茎頂培養苗)を育成し、健全なさつまいも苗を生産農家へ供給する。

同社は2022年4月、基腐病対策・支援を行う特設チームを立ち上げ、生産農家とともに基腐病対策を強化。基腐病の発生率を最小限に抑えられるよう努め、昨年度を上回る量のさつまいもを確保できるよう、生産農家と基腐病対策に関する積極的な情報交換を行っている。

施設のロゴ施設のロゴ

同施設では、健全な苗の育成・供給基腐病に限らず、病害発生リスクの少ない健全なさつまいも苗を生産農家へ供給するため、菌やウイルスが検出されない茎頂培養苗を育成。供給品種は、これまでの「黄金千貫(コガネセンガン)」に加え、基腐病の抵抗性が高い品種「みちしずく」などを予定。

同施設内にある茎頂培養苗の生育状況は順調で、予定通り11月から約2万5000本の健全な苗(ポット苗)の供給を開始。その後、2024年3月には約175万本の切り苗の供給を計画している。

同社は施設の稼働を通してさつまいもの生産体制を強化し、休売している芋焼酎の「黒霧島」と「白霧島」の一部商品の販売再開を目指す。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る