左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
2・PC:朝日アグリア・エコレット
JA全中中央SP

【注意報】レタスにアザミウマ類 沖縄本島で多発のおそれ 沖縄県2024年2月5日

一覧へ

沖縄県病害虫防除技術センターは、レタスにアザミウマ類(クロゲハナアザミウマ)が沖縄本島で多発のおそれがあるとして、1月30日に令和5年度病害虫発生予察注意報第7号を発令した。

沖縄県病害虫防除技術センターによると、沖縄本島における1月のほ場調査の結果、寄生株率は30.4%(例年:0.9%)、発生ほ場率80.0%(例年:13.3%)となり、例年及び過去2年の推移と比べ多発生となった。アザミウマ類は1月以降発生が増加する傾向にあるため注意が必要(図1、2)。優占種はクロゲハナアザミウマだった。

【注意報】レタスにアザミウマ類 沖縄本島で多発のおそれ 沖縄県

クロゲハナアザミウマの雄成虫は短翅型(図3)のみで、雌成虫は長翅型(図4)と短翅型(図5及び中間型の存在が知られている。県内ではほとんどの雌成虫が長翅型。

図3:雄成虫、図4:長翅型雌成虫、 図5: 短翅型雌成虫(写真提供:沖縄県植物防疫協会)

左から、図3:雄成虫、図4:長翅型雌成虫、図5: 短翅型雌成虫(写真提供:沖縄県植物防疫協会)

長翅型雌成虫は体長1.21.3ミリ雄成虫は0.9~1.0ミリ。発育日数は温度に大きく影響を受け、一般的には温度が高いと短く、低いと長くなる。卵から成虫になる日数は25℃条件下で14.7日、発育が停止する温度は9.3℃となっている。

図6:レタスの被害葉(写真提供:沖縄県植物防疫協会)図6:レタスの被害葉(写真提供:沖縄県植物防疫協会)

幼虫・成虫とも葉を加害。寄生部位は主に外葉数枚の葉裏や葉の付け根で、結球部には認められない。加害部はかすり状に褐変し、多発すると商品価値の低下を招く(図6)。県内ではレタス以外にキク科植物やスイートバジル等に発生する。

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇発生源となりうるほ場周辺の雑草の除去に努める。

〇定期的に葉裏や葉の付け根を観察し、早期発見・防除に努める。

〇登録薬剤による防除を行う。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る