左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

温室効果ガス排出量を9・1%削減 小野田工場のボイラー燃料転換で 日産化学2020年5月27日

一覧へ

日産化学(東京都中央区)は、小野田工場(山口県山陽小野田市)で20年以上使用してきたA重油焚きボイラーを、天然ガス焚きボイラーに更新することを決めた。この燃料転換により、小野田工場単体で温室効果ガス(以下GHG)排出量の9.1%削減を見込んでいる。

日産化学の小野田工場日産化学の小野田工場

小野田工場は、1910(明治43)年に日本で初めて農薬の工業生産を始めた。以来、ライフサイエンス製品として殺虫剤・殺ダニ剤、除草剤などの農薬、動物用医薬品原薬や、高脂血症治療薬などの医薬品原薬に加えて、有機ファインケミカル製品を生産している。

小野田工場の既存A重油焚きボイラーは設置された1998年から22年経過しており、近年では老朽化が進んでいた。そのため、GHG排出量削減、ボイラー燃焼効率向上、省力化、保全強化(予兆保全)などの観点から、燃料を天然ガスとするボイラーに更新する。

ボイラー更新により、ボイラー室を新設し、天然ガス配管の新設と付帯工事を行う。更新工事は6月から2021年12月まで。これにともなう設備投資額は7億円。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る