想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

NECの農業ICTプラットフォームが「MCPCaward2020」優秀賞2020年11月9日

一覧へ

日本電気(NEC)の農業ICTプラットフォーム「CropScope(クロップスコープ)」が、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)が開催する「MCPCaward2020」で、サービス&ソリューション部門の優秀賞を受賞した。

NECの農業ICTプラットフォームが「MCPCaward2020」優秀賞

「CropScope」は、センサーや衛星写真により農作物の生育状況や土壌の状態を可視化するサービスと、AIを活用した営農アドバイスサービスで構成。熟練栽培者のノウハウを習得したAIが、水や肥料の最適な量と投入時期を指示するため、導入した農家は栽培技術のレベルにかかわらず、収穫量の安定化と栽培コストの低減を実現することが可能となる。

ドローン、センサー、衛星を使ったセンシング技術とAIの活用により、少ない労力と肥料で安定した収穫量を実現。大手加工食品メーカーと協業し、日本の農業ソリューションが海外の実績で評価される成功例となり、ビジネス的にも価値ある取り組みとして評価された。

すでに海外の大規模農場をターゲットに、カゴメと欧州のトマト一次原料加工メーカーにむけて事業を始めており、現在は日本市場での実用化に向けて、国内で複数の検証を実施している。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る