人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

バイオスティミュラント「スキーポン」JA東京むさしの勉強会で紹介 アクプランタ2024年3月6日

一覧へ

アクプランタは1月26日、JA東京むさし国分寺支店で開かれた地元農業4団体による勉強会において、バイオスティミュラント農業資材「スキーポン」の効果や使用方法について説明した。

バイオスティミュラント製剤「スキーポン」バイオスティミュラント製剤「スキーポン」

「スキーポン」は、酢酸(酢の主成分)の作用を活用したバイオスティミュラント。酢酸の作用で、植物の乾燥や高温への耐性を高めることで、収量や品質の維持、節水に繋げる。これまでの実証実験で、乾燥や高温に対する農作物の耐性を高めるとともに、収量や品質の維持向上や節水効果が確認されている。

勉強会ではアクプランタ国内事業担当が説明勉強会ではアクプランタ国内事業担当が説明

勉強会では、アクプランタの国内事業担当が、スキーポンの効果や作用メカニズムの詳細を説明。ブロッコリーの栽培でスキ―ポンを使っている生産者からは「水やりの回数が減り、高温下でも生産が可能になった」という声が寄せられた。

JA東京むさし国分寺支店のある東京都国分寺市は、江戸時代中期の新田開発以来、300年間農業が続いている。地元産農産物と飲食店とのコラボレーションで展開する「こくベジ」ブランドは、街ぐるみの都市農業モデルとして知られ、ブルーベリー栽培も盛ん。市内のあちらこちらに果樹園があり、勉強会でも「スキーポン」の果樹栽培における使用方法に関する質問があった。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る