おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

愛媛発 4月14日はオレンジデー PRイベントを開催 JA全農えひめ2015年4月7日

一覧へ

 JA全農えひめは、「4月14日愛媛発!オレンジデー」を、愛を届け合う記念日として定着させ、愛媛産柑橘のPRと消費拡大を図ることを目的に、4月11日、東京タワーにおいてPRイベントを開催する。

 JA全農えひめは、「バレンタインデー」・「ホワイトデー」に続くカップルの記念日として、愛媛発祥の4月14日「オレンジデー」を、柑橘類を愛する人に贈り合い、「愛を深める記念日」として定着させると共に、全国一の生産量を誇る愛媛産柑橘類のPRと販売拡大につなげる取り組みを2009年から本格的に進めてきた。
 今年も11月3日「みかんの日」を皮切りに、1月14日「いい予感」、2月14日「告白」、3月14日「告白の返事」、4月14日「愛を深める」といったストーリー性を持たせた「愛のオレンジロード」企画の取り組みを展開している。ちなみにJA全農えひめは、4月14日の「オレンジデー」を、日本記念日協会に正式登録している。
 なぜ「オレンジデー」が愛を深める日なのか、それはオレンジが結婚と深い関係があるからだ。オレンジの樹に果実が沢山成ることから「繁栄・多産」のシンボルであり、花言葉は「花嫁の喜び」「純潔」「寛大」などだという。欧米の結婚式では、花嫁がオレンジの花を身につけたり、男性がオレンジの実を持って求婚する風習もあるそうだ。
 4月11日は、東京タワーにおいて「清見タンゴール」サンプリングイベントが開催される。東京タワーの大展望台直通エレベーター前で、11時と14時の2回、各先着207名に整理券を配布、愛媛産「清見タンゴール」2個入りを、愛媛いよかん大使の堀田咲さんがプレゼントする。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る