左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

夏秋キャベツ・加工用の需要強く、価格上昇か 野菜需給協議会2015年8月5日

一覧へ

 7月31日、平成27年度第1回野菜需給協議会が開かれ、生産者、流通業者、消費者等野菜の関係者が、野菜需給・価格情報委員会によってまとめられた「平成27年産夏秋野菜の需給一価格の見通し」について、質疑を行った。野菜の価格見通しについては以下の通り。

◎夏秋キャベツ
 一部地域の干ばつ等の影響で出荷が減少。8月価格は前年を上回る見込み。9月以降は順調な出荷が見込まれ、10月は前年並みの出荷となるものの、9月の価格は高かった前年を下回る見込み。
 加工・業務用は、カット野菜の需要が強く、事業者が必要量を契約できない産地もある。新規の加工業者は契約しづらいことや、カット野菜の生鮮小売りへの供給確保の影響から、原材料の市場調達が進むことも考えられ、その場合には市場価格が上昇する可能性もある。
◎夏だいこん
 干ばつ等の影響が懸念されるものの、期間を通じ安定した出荷が見込まれる。高かった前年並みの価格となる見込み。
 加工・業務用は、外食業界などから切りだいこんの注文が年々増加。加工用需要が高くなってきているものの、今年は、加工向け産地の作付面積の減少や干ばつ等での生育の遅れから、契約が進んでいない業者も一部にみられる。
◎たまねぎ
 一部産地での小玉傾向や産地の切り替え時期などによる出荷の減少で、8月価格は前年を上回る見込み。9月以降は本格的な出荷を迎え、10月の価格は安値だった前年を上回る見込み。
 加工・業務用は、中国産の残留農薬問題や作付面積の減少、国内価格の上昇もあり、北海道産の生育が順調であれば、国産への切り替えニーズがあるものの、自ら剥き玉に加工できる業者は限られていることから、中国産のニーズは、引き続き堅調と考えられる。
◎秋にんじん
 8月は、干ばつの影響で出荷の谷間となる可能性があり、安値だった前年を上回る見込み。9月以降は順調な出荷が見込まれ、9月は前年並み、10月は安値だった前年を上回る見込み。
 加工・業務用は、中国産が東南アジアからの引き合いが強く、価格が上昇しているものの、現在の国内産は干ばつ等で細いサイズのものが多く、加工・業務用では使いづらい状況。北海道産の作柄次第では中国産にシフトする可能性がある。
◎夏はくさい
 期間を通じ生育も順調で安定した出荷が見込まれる。高かった前年価格を下回る見込み。
 加工・業務用は、契約単価が上がり、契約量も増え、現在は在庫量も十分確保されている状態。また、秋以降の本格的な需要期を迎えるまでに契約率を上げていく業者が多くなっている。
◎夏秋レタス
 8月は高温等による病害等の発生で、高かった前年並みの価格見込み。9月は高かった前年を下回り、10月は安値だった前年を上回る見込み。
 加工・業務用は、外食チェーンを中心に、国産野菜を使用したサラダにシフトする動きがあることから、需要量が増加する可能性がある。しかし価格条件の面で米国産等を確保する業者も現れる可能性がある。

 協議会では、「野菜の消費拡大には、1日に必要な量(350g)をパックし販売する方法も有効だ」「ドライバー不足が野菜の流通取引に与える影響は、生産者や中間事業者の輸送費負担、産地の出荷市場の絞り込みなどの形で現れつつある」といった意見が上がった。
 消費動向について次のような意見があった。
 主要6品目以外のズッキーニや環境配慮型のやさい(長ネギ、長ナス等)の販売額が年々増加しており、国内産地の面積拡大や国産の供給強化を検討していく。
 外食業界などでは国産野菜に切り替えたいという希望を持った企業が増えてきている。
 簡便化志向で、ゴボウのアク抜きなど調理時間のかかる野菜の販売量が減少傾向にある。
 原油価格が再上昇の兆しがあり、秋以降の施設栽培への影響が懸念されている。

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る