想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

テンサイシストセンチュウを確認-農水省2017年9月4日

一覧へ

 農林水産省は9月1日、長野県諏訪郡原村の農場の一部でテンサイシストセンチュウの発生を国内で初めて確認したと発表した。

 テンサイシストセンチュウはアブラナ属等の作物に甚大な影響を及ぼすおそれのある重要病害虫で、すでにわが国の一部で発生が確認されているジャガイモシストセンチュウと同様に土壌を介して広がることから、土壌の移動防止等の措置を講じることによって急速に広がる恐れはないという。 長野県諏訪原村で栽培されているアブラナ属野菜の生育不良株から8月にシストセンチュウが発見されたことから、植物防疫所でセンチュウの同定を行ったところ、わが国で未発生のテンサイシストセンチュウであることが確認された。
 農林水産省はこのセンチュウのまん延を防止するため長野県と連携して発生範囲を特定するための調査と、▽土壌の移動防止措置の実施、▽発生ほ場における寄生植物の植栽の自粛、▽発生ほ場における土壌消毒の実施、▽寄生植物の地下部への移動に際し、植物防疫官による移動前の検査を実施を行う。

(関連記事)


土壌病害、センチュウ害対策巡り「土づくり推進シンポジウム」開催 土づくり推進フォーラム(16.12.09)


ジャガイモシロシストセンチュウへの農薬登録取得 土壌くん蒸剤「D-D剤」(16.10.06)


発生ほ場を土壌消毒 ジャガイモシロシストセンチュウ 北海道(16.09.08)


ジャガイモシロシストセンチュウを初確認-農水省(15.08.20)


土壌病害、センチュウ対策でフォーラム(14.06.18)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る