2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

JAふえふき 透過式センサー糖度18度で選果「匠の桃」販売開始 食文化2022年7月25日

一覧へ

株式会社食文化が運営するグルメ食品のECサイト「豊洲市場ドットコム」と「うまいもんドットコム」は7月、山梨県のJAふえふき 一宮西支所と連携し、透過式センサーで選果する高糖度の桃 「匠の桃」の販売を開始した。

透過式センサーで糖度18度と選果された桃「匠の桃」透過式センサーで糖度18度と選果された桃「匠の桃」

透過式センサーで糖度18度選果した「匠の桃」は、JAふえふき 一宮西地区共同選果場で選び抜かれた桃。各地の桃の特秀品クラスは糖度13度が基準となることが多く、糖度18度基準は共選において初といえる試み。全国でもトップクラスの品質、ブランドを誇るJAふえふき 一宮西地区ならではの特別企画となる。

同JAでは、桃同士の衝突や転がりがない最新型ベルト式選果機、前予冷、保冷庫などの設備が充実。中でも全国有数の透過式センサーは従来の反射型センサーに比べ、より精度高く厳正に桃を選果でき、確かな甘さと品質を担保する。

最新鋭機を備える一宮西地区の共同選果場最新鋭機を備える一宮西地区の共同選果場

糖度18度選果「匠の桃」の品種は「一宮水蜜」。一宮町で浅間白桃の枝変わり(突然変異)として発見され、1990年に品種登録された。浅間白桃の芳醇さ、ジューシーで緻密な果肉、高い糖度を引き継いだ産地自慢の美味しい桃で、直売所では品種指名買いが相次ぐ注目の品種だ。

JAふえふき一宮西支所で販売担当の古屋調査役JAふえふき一宮西支所で販売担当の古屋調査役

JAふえふき 一宮西支所で販売担当の古屋勝弘調査役は「糖度が美味しさの基準のすべてではないが、高い基準(匠の桃ランク)をめざすことで、組合員全体での生産意欲や品質への意識、さらなる高みをめざすことができる。消費者に評価いただき、一宮の桃の美味しさをもっと広めたい」と話している。

糖度18度選果の「匠の桃」(約1.8kg・5〜6玉は限定2点で6万円、糖度15度選果「匠の桃」(約1.8kg・5〜6玉)は限定100点で9800円。いずれも送料・税込。

【18度選果「匠の桃」】

【15度選果「匠の桃」】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る