人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

沖縄産ラム 離島8島の黒糖をブレンド「THE OKINAWA ISLANDS RUM」新発売2023年8月4日

一覧へ

175年にわたって積み上げてきた泡盛づくりの技術を再構築し、沖縄のさとうきびを主原料とした「ラム」をつくるプロジェクトチーム「ONERUM(ワンラム)」は8月8日、新シリーズとなる、Blended Islands Seriesから「THE OKINAWA ISLANDS RUM」を発売する。

離島8島の黒糖をブレンドした「THE OKINAWA ISLANDS RUM」離島8島の黒糖をブレンドした「THE OKINAWA ISLANDS RUM」

瑞穂酒造(沖縄県那覇市)が主宰する「ONERUM」は発足以降、2021年7月~2023年3月にかけ、Single Island Series(シングルアイランドシリーズ)として、離島8島でつくられている黒糖を使い、各島の風土や生産方法の違いから生まれる黒糖の個性を引き出したラムを開発。各島のテロワールに基づいた黒糖を研究し、それぞれの個性を見極め、その魅力を最大限に詰め込んだ8種のラムを発表してきた。

新作の「THE OKINAWA ISLANDS RUM」(720ml・2920円、税込)は、島ごとに個性が異なる黒糖の風味と島の風土に丁寧に向き合い、各島の黒糖からできる個性豊かなラムの原酒をブレンドして仕上げた。また、国内ではONERUMプロジェクトのみが実現したダンダー仕込み製法を導入。デザインは、約1年半にわたり発表した「Single Islands Series」のラベルの色を全て、「THE OKINAWA ISLANDS RUM」のラベルに落とし込み、前シリーズからの物語を紡いでいる。

2023年は沖縄に黒糖が伝わって400年となる節目の年。黒糖と向き合い次世代へ繋ぐONERUMプロジェクトから、黒糖の歴史と未来を描いた贅沢なラムを届ける。

◎ONERUM PROJECT

瑞穂酒造は2020年11月、先人たちが受け継いできた伝統的素材のさとうきびを主原料とした「ラム」をつくるプロジェクトチーム「ONERUM」を始動。生産農家、大学、研究機関、酒類の従事者が一丸となり、ラムの開発をはじめ、さとうきびの品種や産地、製糖方法、そしてラムの新たな楽しみ方などを探究している。

沖縄の偉人である儀間真常氏の功績により広まったといわれ、400年の歴史を誇る沖縄のさとうきびは、沖縄の各所で作られている。また、さとうきびから黒糖をつくる製糖工場が、沖縄県では離島8島(粟国島、伊江島、伊平屋島、西表島、小浜島、多良間島、波照間島、与那国島)にある。

同プロジェクトでは、さとうきびと、これら離島8島の風土や生産方法の違いから生まれる黒糖の、2つの原料に着目し、シングルアイランドシリーズ、ブレンデッドアイランズシリーズ、ワンアイランドシリーズの、3種のシリーズを展開。シングルアイランドシリーズは2021年から2023年にかけ8種のラムを発表した。

「沖縄黒糖」をつくる8島の位置関係(出典:沖縄県黒砂糖協同組合)「沖縄黒糖」をつくる8島の位置関係(出典:沖縄県黒砂糖協同組合)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る