人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「北海道産じゃがいも収穫式」JA帯広かわにしと開催 カルビーグループ2023年9月14日

一覧へ

カルビーポテト(北海道帯広市)とカルビー(東京都千代田区)は9月11日、北海道産じゃがいもの収穫が最盛期を迎えるにあたり、じゃがいもの一大産地である十勝エリアである帯広市で「北海道産じゃがいも収穫式」を開催した。

収穫したじゃがいもを手にする岡村支所長(左)、田崎社長(中央)と郷原組合長収穫したじゃがいもを手にする岡村支所長(左)、田崎社長(中央)と郷原組合長

収穫式には、カルビーポテトの田崎一也社長、JA帯広かわにし加工馬鈴薯生産組合の郷原雅道組合長、カルビーポテト川西支所の岡村廉支所長の3人が出席した。田崎社長は「2023年も北海道じゃがいもの収穫が最盛期を迎えた。今年も無事にこの時期を迎えられたのも、生産者の皆さまのおかげです。改めて感謝申し上げます」とあいさつ。また、「今年は過去数年の中でも一番の収穫量になりそう。生産者さんもいい顔をしておられる」と語った。

続いて、郷原組合長が「カルビーポテトとは父親の代から40年以上のお付き合いで、長年一緒にじゃがいもづくりに取り組んできた。収穫されたじゃがいもがカルビー製品になり、消費者に届けられ喜ばれることが我々の励みになります」と伝えた。また、収穫に向けて二人三脚で栽培を支援してきた岡村支所長は「現在、収穫はまだ中盤だが、今年は収量も良く、久しぶりの豊作傾向であると見込んでいます」と話した。

じゃがいもは、地域によって収穫時期が異なり、南の地域ほど早く、梅雨前線や桜前線のように"じゃがいも収穫前線"が北上する。カルビーグループが国内調達するじゃがいもの約8割が北海道産で、九州、関東、東北と収穫時期の早い地域から収穫し、最後に北海道産のじゃがいもを調達。翌年九州産を調達するまで、カルビーポテトの貯蔵技術を活かして、北海道産を長期貯蔵し、1年を通じて安定供給を可能にしている。

カルビーグループの年間馬鈴しょ使用量は、国内生産量の約18%を占め、中でも、北海道は全国生産量の約80%にのぼる。原料の調達や出荷などは、1980年にカルビーの原料調達部門を独立させる形で誕生したカルビーポテトが担っており、契約栽培を通じて、40年以上にわたり生産者とカルビーポテトの二人三脚でじゃがいもづくりに取り組んでいる。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る