人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

今シーズンのみかん「甘さアップ、小ぶり、価格は高め」農業総研2024年1月9日

一覧へ

全国の都市部を中心としたスーパーマーケットで「農家の直売所」を運営する農業総合研究所(和歌山市)は、旬を迎える「今年のみかん予想」をまとめた。予想によると、今年のみかんは「甘さアップ、小ぶり、価格は高め」だという。

今シーズンのみかん「甘さアップ、小ぶり、価格は高め」農業総研

同調査は2023年10月1日〜12月30日の期間、同社が全国2000店舗以上のスーパーマーケットで展開する「農家の直売所」の販売状況や生産者へのヒアリングなどを基にまとめたもの。この調査によると、今年のみかんの特徴は、甘さが大幅に増加している。

同社で10月に収穫できる極早生の品種を調べたところ、みかんの大産地にある同社の紀の川集荷場に入荷した半数以上が、糖度12度以上を記録。一般的な極早生みかんの糖度は10~11度程度であることから、かなり「甘くて美味しい」みかんに仕上がっている。

紀の川集荷場では、2021年にみかんに触れることなく糖度を測定できる光センサー式選果機を導入。同社では、糖度12度以上のみかんには「高糖度」のシールを貼ることで、その価値をわかりやすく伝えて販売している。

また、今年のみかんの特としてサイズが小ぶりなのことも挙げられる。「甘くて、小ぶり」なみかんは、猛暑と夏場の雨不足によってもたらされた。気候が暑くなり、雨が少ないとみかんは小ぶりになるが、その分甘みは凝縮される。

さらに、今年のみかんは価格が高め。理由として、コロナ禍も落ち着き、スーパの店頭で試食フェアも再開されていることから、今年のみかんの美味しさを知る人が多くなっているため、需要が例年よりも旺盛となると予想。さらに、みかんと同じ冬に旬を迎える柿が猛暑の影響で不作であるため、例年、柿が占めていた販売スペースを今年はみかんが埋めつつある。こうした理由から、同社は今年のみかんは「甘さアップ、小ぶり、価格は高め」と予想している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る