人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

食材廃棄ロス削減へ親芋を活用 里芋の伝統野菜で「子姫芋キムチ」新発売 さがえ子姫芋組合2024年3月7日

一覧へ

山形県寒河江市の里芋農家の組合「さがえ子姫芋組合」は3月1日、食材廃棄ロス削減への取り組みとして里芋の伝統野菜の親芋を活用した「子姫芋キムチ」を発売。里芋と漬物で日本屈指の消費県である山形から新たな里芋の食べ方を発信する。

食材廃棄ロス削減へ親芋を活用 里芋の伝統野菜で「子姫芋キムチ」新発売 さがえ子姫芋組合食材廃棄ロス削減へ親芋を活用 里芋の伝統野菜で「子姫芋キムチ」新発売 さがえ子姫芋組合

名物料理「芋煮」により里芋消費量が全国1位の山形県。「子姫芋」は、江戸時代から受け継がれてきた伝統野菜だが、親芋の部分は固く、山形名物の芋煮などの調理に不向きであることから、毎年数トンの廃棄ロスが発生し、農家の長年の悩みとなっていた。

子姫芋キムチ子姫芋キムチ

「子姫芋キムチ」は、親芋の固さを活かし、生食ができない里芋を漬物加工することで、シャキシャキとした、これまでにない新しい食感のキムチを生み出した。ごはんのお供やおつまみ、キムチ鍋にも最適。山形県内の道の駅、JA産直市場、首都圏の各小売店で販売。オープン価格。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る