米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.10.02 
降雨の影響で収穫量5%減 27年産麦類(子実用)の作付面積と収穫量一覧へ

 農林水産省は9月29日、平成27年産麦類(子実用)の作付面積と収穫量の統計を公表した。4麦類の子実用作付面積は前年産に比べ1%増加した。

 全国の4麦(小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦)の子実用作付面積は、全国で27万4400haで、前年産より1700ha(1%)増加した。
 このうち北海道での作付面積は1000ha(1%)減少、都府県では2700ha(2%)増加した。
 収穫量は44万2700tで、前年産に比べ2万2200t(5%)減少した。これは、作付面積が増加したが、小麦とはだか麦の10a当たりの収量が前年産より下回ったことが原因。

子実用麦作付などの表

【小麦(子実用)】
 北海道の作付面積は、他の作物への転換等があり前年産より1%減少した。また都府県は東海、近畿地域等で他作物から転換等があり1%増加した。
 収穫量が減少したのは4月以降、東海以西に雨の日が続いたことにより、発熟が不良となったことが原因。
【二条大麦(子実用)】
 全国の作付面積は、九州地域などで作付が増えたため、1%増加した。
 収穫量が増加したのは、関東地域において出穂期以降の天候が概ね良好だったため。
【六条大麦(子実用)】
 作付面積は北陸地域等で他作物からの転換などがあり、前年産より増加した。
 収穫量は関東地域の出穂期以降の天候が良好であったため、作柄が悪かった前年産に比べ増加した。
【はだか麦(子実用)】
 作付面積は九州地域等で作付が減少したため、全国の面積も減少した。
 収穫量は愛媛県や大分県で播種期の降雨による発芽不良などにより減少した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ