Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

外国産米混入 確認されず-農水省が調査結果2017年6月28日

一覧へ

 農林水産省と京都府は6月27日、(株)京山に対する立入検査結果を公表した。報道された外国産米の混入が疑われるような点は確認されなかったと発表した。

 近畿農政局と京都府は(株)京山が販売した国産米に外国産米が混入されている疑いがあるとの報道を受け、2月10日から京山とその子会社を含む仕入れ先・販売先の取引業者に対して米トレーサビリティ法(第10条)に基づく立入検査を実施した。
 米トレサ法では記録保存の義務は3年間だが、今回は直近5年の平成24年以降の外国産米の仕入れと販売について、京山と同社の仕入れ先、販売先の帳簿を突き合わせ検証し、関係者にも質問を行った。
 さらに外国産米が混入している疑いがあると報道された28年産の国産米4品種について記録等を取引ごとに突き合わせたところ、京山が仕入れた当該国産米4品種が国内の米生産者から集荷されたものであることが確認された。また、京山による仕入れから精米して袋詰めに至るまでの工程についても記録に基づいて検証した。
 このような検証の結果、24年以降の京山の外国産米の仕入れ・販売に疑わしい点や、28年産の国産米4品種に外国産米の混入が疑われるような点は確認されず、米トレサ法上の▽取引等の記録の作成・保存義務、▽米穀事業者間の産地情報の伝達義務に抵触する行為を行った事実は確認されなかったと結論づけた。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る