生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

初のノングルテン認証 日本米粉協会2018年5月1日

一覧へ

 日本米粉協会(服部幸應会長)は、先頃ノングルテン米粉製品の初の認証機関を承認した。4月24日公表した。

 農水省は昨年3月、米粉製品普及のため、表示に関するガイドラインを定めた。これを受けて日本米粉協会は、「米粉製品のノングルテン認証要領を策定し、ノングルテン米粉製品(加工品を除く)認証を適切に行う団体(認証機関)を公募している。
 今回、認証機関として承認されたのは、一般社団法人日本環境保健機構(東京都中央区日本橋掘留町1-11-5)で、4月16日の、同協会理事会で決まった。なお、ノングルテン米粉は、農水省のガイドラインの検査方法によって含有量のサンプル検査を行い、当該グルテン含有量が1μg/g(=1ppm以下のものをいう)。

 

(関連記事)
米紛の魅力を児童に 超人シェフのスーパー給食(18.02.16)
格安米粉で無菌パック「生米粉麺」が登場(18.01.23)
ノングルテン米粉製品認証機関を公募(18.01.05)
米粉新時代へ 団体が始動(17.05.26)
米粉に用途別基準 来年度から-農水省(17.02.02)
グルテンフリー 100%米粉パンで米消費拡大目指す 農研機構・広島大(17.02.02)

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る