米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.07.22 
「稲作革命」の要に 比・レイテ島で精米施設が始動 サタケ一覧へ

 (株)サタケが、フィリピンで稲作に関わる幅広い施策を行うチェン・イー社から受注した精米施設が7月5日、本格稼働を始めた。

フィリピン レイテ島最大級のチェン・イー社の精米施設フィリピン レイテ島最大級のチェン・イー社の精米施設

 

 チェン・イー社が建設したのは、フィリピン中部のレイテ島タクロバン市近郊に処理能力30tの乾燥機10台と毎時7tの精米加工ラインを持つ精米加工施設。サタケは、半世紀にわたって同国へ穀物加工機器を供給してきたことから、その実績と、高品質な米に加工する技術力が評価され、今回の受注となった。
 稲作はレイテ島の主要産業だが、生産工程のほぼ全てを人力に頼るなど生産効率が悪く、全国平均より低い農民の所得向上が課題となっている。また、 2013年の台風30号で農業も甚大な被害を受け、大規模な復興支援が求められていた。
 サタケ製の精米施設は、6月1日に竣工し、7月5日の開所式にはフィリピンのドゥテルテ大統領も出席。稼働した精米施設は稲作効率化の中心に位置づけられている。

 

精米の施設 「稲作革命」の要に 比・レイテ島で精米施設が始動 サタケ精米の施設

 

 チェン・イー社代表のパトリック・レヌッチ氏は、「困窮するレイテ島の農民を支援するには、稲作の抜本的な改革が必要だ。この東南アジアで最新鋭の精米施設を活用し、同島最大の米生産者となる我々が効率的に生産性を上げていく」と話した。
 チェン・イー社は、フランスで印刷業を営んでいたパトリック・レヌッチ氏と、香港などで不動産・投資会社を経営していたフィリピン出身の妻レイチェル氏が、同島の稲作支援を企図して 2018 年に設立。機械化と自動化で稲作の効率を上げると同時に品質の高い米を生産する、「Rice Revolution(稲作革命)」をかかげて農民の所得向上を図っている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ