米・麦・大豆 ニュース詳細

2020.01.23 
乾田直播の技術交流でフォーラム 農研機構一覧へ

 農研機構は2月14日、「乾田直播フォーラム in 宮城 2020」を開催する。

 このフォーラムは、農研機構が開発した「プラウ耕鎮圧体系乾田直播」を導入している生産者の事例を取り上げ、乾田直播に取り組む生産者やJA、普及センターなどの取り組み状況を相互に検討する技術交流会。農研機構は、同フォーラムでの技術交流により、生産者・普及・研究が一体となった体制を構築し、この技術の普及支援と一層の技術向上を図るとしている。

 概要は次のとおり。
▽名称 「乾田直播フォーラム in 宮城 2020」
▽日時 2月14日(金)13時〜16時45分
▽場所 仙台国際センター 大会議室・萩(宮城県仙台市青葉区青葉山)
▽プログラム
(話題提供)
 座長:農研機構東北農業研究センター生産基盤研究領域長 中山壮一
○宮城県における乾田直播栽培の現状と課題 宮城県古河農業試験場水田営農部営農企画チーム 酒井博幸

○各地域における乾田直播栽培の技術体系と課題

<宮城県石巻地域>
 JAいしのまき営農部米穀課 鈴木啓悦
 生産者(石巻市北村地区)中塩俊彦
 (有)高須賀農産代表取締役 熊谷和彦
<宮城県登米地域>
 (有)N.O.A  高橋伸
<宮城県名取・岩沼地域>
 宮城県亘理農業改良普及センター先進技術班(作物)佐藤紘子
 (株)美田園ファーム取締役専務 大友博和
<岩手県>
 岩手県農林水産部農業普及技術課農業革新支援担当 寺田道一
 (有)盛川農場代表 盛川周祐
<北海道>
 (株)斉藤ファーム代表取締役 齊藤義崇

(意見交換) 
 座長:農研機構東北農業研究センター地域戦略部長 大谷隆二
 パネラー:講演者

▽主催 農研機構東北農業研究センター
▽定員 200人(先着順。定員になり次第締め切る)
▽参加費 無料
▽参加申し込み(締切1月31日) 農研機構のWebサイトの入力フォームで申し込む。


農研機構東北農業研究センター産学連携室の説明資料

「プラウ耕鎮圧体系乾田直播」は、これまで漏水のため乾田直播に適していなかった土壌でも、地表面を強く鎮圧することで乾田直播を可能とした。これまで田植機の走行に不可欠だった「耕盤」が不要で、水田輪作がしやすくなる。

(農研機構東北農業研究センター産学連携室の説明資料)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ