肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.07.24 
飼料用米30%配合「こめ豚」10月に発売 パルシステム一覧へ

 パルシステム生協連は、飼料用米を30%配合した飼料を給餌した「日本のこめ豚」を10月から発売する。

 パルシステムグループは、政府の飼料用米栽培促進策がスタートする以前の2007年から飼料用米を活用した畜産品の生産に着手し、2008年には「日本のこめ豚」として商品化を実現。
 以降も鶏肉、鶏卵などへ商品を展開し、味もあっさりしておいしいと好評だ。
 この度、「日本のこめ豚」の飼料用米配合比率を10%から30%に引き上げての商品化が実現。10月に販売開始となる。
 秋田県産を中心とした飼料用米8100トンが使用される。またこれは遊休農地を1350ヘクタール分、解消できる面積に相当する。
 7月30日には、メディア関係者を集めた発表会も開催される予定だ。


(関連記事)
「パルシステム平和の願い」を表明 (15.07.22)

「長期エネルギー需給見通し」で意見書 パルシステム生協連 (15.07.02)

安保法制関連法案での性急な議論に反対表明 パルシステム (15.05.18)

予約登録米の募集受付スタート パルシステム (2015.04.22)

視覚障がい者用「声のカタログ」開始 パルシステム (2015.04.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ