左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料用米利用の畜産物「国産で安心」イメージ2017年9月15日

一覧へ

 飼料用米で育てた畜産物は消費者に「国産で安心」、「味が良さそう」とのイメージが広がっていることが日本政策金融公庫農林水産事業が行った調査で示された。「価格次第では購入したい」など購入意欲を示した人は9割近くとなった。

 調査は7月に実施した。 家畜に飼料用米を与える取り組みについて知っているかを聞いたところ、「知っている」は27.7%で前回調査(27年7月)より3.2ポイント低下し
過去3回の調査でもっとも低くなっており認知度向上に課題があることが示された。
 飼料用米を与える取り組みにどのような効果が期待できるかを聞いたところ「農地の維持」(22.8%)、「安全に感じる」(18.0%)、「農村景観の維持」(2.0%)などは前回調査から低下したが、「食料自給率の向上」(18.3%)が8.7ポイント、「農家の所得向上」(16.8%)が5.2ポイント向上した。また、「効果がない」(2.8%)は9.9ポイント低下した。
 飼料用米で育てた畜産物やその加工品の購入経験を聞いたところ「購入したことがある」は12.4%となり、前回調査よりわずかに上昇した。購入した理由を聞いたところ「国産で安心できる」が59.5%、「味が良さそう」が47.8%でそれぞれ前回調査より上昇した。
 価格については「高い」は44.9%となり前回調査よりも3.1ポイント低下した。味については「おいしかった」は全体で53.4%と前回と変わらなかったが、男女別では男性では5.0ポイント上昇したが、女性は7.2ポイント低下した。
 今後の購入意向については全体では「購入したい」が85.9%となり、これまで3回の調査でもっとも低くなったが、依然として9割近くの人が購入する意向があることが示された。
 また、「割高でも購入したい」は51.5%とこれまでの調査でもっとも高い結果となった。

(関連記事)


「飼料用米多収日本一」に460件が応募(17.08.09)


飼料用米活用畜産物ブランド 日本一コンテスト(17.08.03)


飼料用米生産を呼びかけ-飼料業界(17.03.31)


「お米育ち豚」の飼料用米配合比率15%に コープネット(17.03.28)


28年度飼料用米 日本一は10a932kg(17.03.06)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る