人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

Z-GISの機能拡大・バージョンアップ情報! ザルビオとの連携強化など2023年2月20日

一覧へ

営農管理システム「Z-GIS」に、2022年度に実装された3つの機能を紹介する。①ザルビオフィールドマネージャーとの連携強化、②ZLINK機能の搭載、③ドローン画像の取り込み、の3点である。これらの機能を活用すれば、よりデータを使った農業に取り組むことができる。

①ザルビオとの連携強化

Z-GISは、栽培管理支援システム「ザルビオRフィールドマネージャー」とシステム連携を実現しており、スムーズなデータのやり取りが可能である。2022年度は水稲関係のデータ連携に加え、大豆に関するデータについても同期可能となった。また、ザルビオが予測する生育ステージの予測日、病害リスク、入力した作業登録内容(タスク情報)をザルビオから取得できるようになった。Z-GISとザルビオのシステム連携の幅が広がり、データ連携した情報をZ-GIS上で俯瞰的に表示でき、必要な情報をいち早くZ-GIS上で確認できる。

Z-GISとザルビオのシステム連携:ザルビオで取得した情報を色分けしてZ-GISで表示できるZ-GISとザルビオのシステム連携:ザルビオで取得した情報を色分けしてZ-GISで表示できる

②ZLINK機能の搭載

ZLINKとは、Z-GISクラウドに保管した様々なデータ(PowerPoint、Word、Excel、PDF、写真など)にZ-GIS画面からハイパーリンクを設定することで、ワンクリックでハイパーリンク先のデータを開くことができる機能である。これにより、他のユーザーもリンク先の資料を閲覧できるため、ますます情報共有が効率化できるようになった。例えば、GAPでZ-GISを使用する場合などにおいて、参照するデータが膨大となるケースがある。ZLINKを活用すれば、必要なデータを別添として準備する手間を省けるのでお手軽である。

ZLINK機能:Z-GISクラウドに保存した様々なデータを参照するハイパーリンクを作成できるZLINK機能:Z-GISクラウドに保存した様々なデータを参照するハイパーリンクを作成できる

③ドローン画像の取り込み

従来の機能として人工衛星リモートセンシングによる作物診断サービス「天晴れ」の衛星画像をZ-GISへ取り込む機能があった。2022年のバージョンアップでは、ドローン画像も同様の形式で取り込めるように機能拡張を行った。

ドローン画像の取り込みイメージドローン画像の取り込みイメージ

詳細は、Z-GISのホームページに操作マニュアルが掲載されている。
https://z-gis.net/99/usage/zgismanual.html#manual-202104

<新規入会キャンペーン実施中>
営農管理システム「Z-GIS」では、2023年3月31日まで「今ならお得なチャンス! はじめようスマート農業キャンペーン」を実施中です。
Z-GISに期間中に入会(新規)いただくと、申込月含め最長4か月間の利用料が無料になります。

(関連記事)
【Z-GIS・ザルビオの活用事例を集めたガイドブックを発行 新規入会キャンペーンも実施中 JA全農】

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る