JAの活動 ニュース詳細

2017.12.13 
水稲除草剤 29年度340品目に削減-JA全農一覧へ

 JA全農は12月12日、全農自己改革における農薬事業の取り組み状況について公表した。水稲除草剤は430品目を340品目に削減できる見込みだという。

 農薬事業では

(1)ジェネリック農薬
(2)担い手直送規格
(3)品目集約による価格引き下げ

 の3つに取り組んでいる。
 このうちジェネリック農薬については開発候補剤を絞り込み、10月から1剤について開発を開始し、5年後の登録取得をめざしている。
 担い手直送規格農薬は28年度は11品目2万2125ha(122JAで取り扱い)だったが、29年度は29品目に拡大。年度末には5万2500haの実績を見込んでいる。
 品目集約ではJA全農取り扱いの水稲除草剤(28年度430品目)の品目削減に取り組んでおり、30年度に300品目を目標としている。29年度は340品目に削減できる見込みとなっている。

 

(関連記事)
予約積上げで肥料価格最大3割引下げ実現(17.12.13)
新規殺菌剤「ナエファイン」販売開始 クミアイ化学(17.12.08)
農業のあらゆる分野をコーディネートするF-TACへ(17.11.22)
大澤農水省経営局長が講演 改革は地域の特性生かして(17.11.16)
【神出元一・JA全農代表理事理事長】生産者が実感できる「改革」実行(前半)(17.10.30)
木徳神糧と業務提携契約を締結-JA全農(17.10.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ