JAの活動 ニュース詳細

2018.03.29 
積立金4142億円に 農林水産業貯金保険機構一覧へ

 農水産業協同組合貯金保険機構は3月23日、運営委員会を開き、平成30事年度の収入支出予算及び資金計画を協議、決定した。

 それによると、30事業年度の保険料の積立金(責任準備金)は、前事業年度より151億円増えて4142億円(平成30年3月末)。保険料率は0.015%で全据え置きとなった。
 同機構は昭和48年、農協や漁協などの協同金機関が貯金等の払い戻しを停止した場合、必要な保険金の支払いや貯金等債権の買い取り、また経営破綻組合に対する資金援助などを行うために設立された。
 平成15年以来、保険金支払が必要なケース一件もなく、農協からは、積立て目標の設定や料率の引き下げ、また積立金の凍結を求める声が出ている。

 

(関連記事)
「貯保」の積立金は十分 JAバンクシステムが機能【榎本浩巳・農林中央金庫JAバンク経営指導部長】(18.03.15)
役割果たした貯金保険機構【萬代宣雄・JAしまね前代表理事組合長】(18.03.15)
低金利下、将来にわたる健全性確保 JA共済連(17.07.27)
逆ザヤ解消でさらに経営が安定 JA共済連通常総代会(16.07.29)
貯保制度の掛金凍結を  新世紀JA研究会が要請(15.12.15)
未来を開く1県1JA  島根で新世紀JA研究会(15.08.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ