想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大粒厳選の広島県産米「贅沢あきろまん」発売 全農ひろしま2020年11月25日

一覧へ

JA全農ひろしまは11月14日、全農ひろしまの直売所「とれたて元気市 広島店」(広島市安佐南区)で広島県産米「贅沢あきろまん」の販売を開始。当日は店頭で商品のPRを行い、来店者に商品の特徴である開発の歴史や精米工程について紹介した。

「贅沢あきろまん」発売当日、店頭で説明を受ける買い物客(広島市安佐南区で)「贅沢あきろまん」発売当日、店頭で説明を受ける買い物客(広島市安佐南区で)

「贅沢あきろまん」は、広島県のオリジナル改良米「あきろまん」を、JAの乾燥施設で、通常の1.85ミリより大きな2ミリの「玄米ふるい目」で調製し、「大粒米」だけを厳選。粒感に富み、「あきろまん」の旨味をより感じられるお米に仕上げている。

パッケージには「あきろまん」の開発者の一人、土屋隆生さんの肖像画をあしらい、産地である安芸の気候風土に適した品種として育成された当時を振り返ったメッセージが添えられている。

廿日市市から来店した買い物客は「パッケージも豪華でおいしそうに感じる。帰って食べてみるのが楽しみ」と笑顔で話していた。

全農ひろしま米穀販売課は「この商品を通じて、広島県のオリジナル品種である"あきろまん"の開発当時の思いを伝え、広く県民の皆さんに食してもらうことで、広島県の稲作における生産振興の一助としたい」と意気込んでいる。

「贅沢あきろまん」の令和2年産米は50トン限定で県内産直市を中心に販売。令和3年産米以降、取り組む生産者を募り拡大していく予定。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る