Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トラクターの盗難多発で注意喚起 JA全農いばらき2021年5月25日

一覧へ

JA全農いばらきは、茨城県内でトラクターなど農機具の盗難が多発していること受け、ホームページ内で農業機械盗難情報を公開し、注意喚起を行っている。

トラクターの盗難に注意

直近4年間の県内でのトラクター盗難件数は、平成29(2017)年が31件、平成30(2018)年95件(前年比+64件)、令和元年(2019)116件(同+21件)、令和2(2020)年50件(同-66件)で、近年は増加傾向にあるなか、昨年は前年を下回る結果となった。

JA全農いばらきによると、昨年の盗難件数の減少は、新型コロナウイルスの感染予防で、日常生活における在宅時間が比較的延びたことが影響していると推測され、依然として盗難件数は多い状況が続いている。県内地域別では、県南地域が25台と全体の約50%を占めており、特に多発している傾向がみられる。

農機具の盗難対策では、(1)夜間、田畑などに放置しないようにする(2)扉があり、鍵のかかる倉庫等へ保管する(3)防犯カメラや音・光を発する盗難防止装置等を設置するなどの対策を行うとともに、「バー式ハンドルロック」や「盗難防止用タイヤロック器具【相棒2】」といった盗難防止器具の活用も呼びかけている。

農機営農支援部農業機械課の担当者は、「これから本格的な農作業の時期となり、機械を動かす機会が増えてくる。大切な機械の盗難に注意しながら、作業を行ってほしい」と話した。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る