農政 ニュース詳細

2014.04.01 
農業地帯の農地価格、19年連続で下落一覧へ

農産物価格の低迷が響く 全国農業会議所調べ

 全国農業会議所は3月27日、平成25年田畑売買価格等の調査結果を発表した。純農業地域の農地価格は19年連続で下落し、その要因は「米価など農産物価格の低迷」「農地の買い手の減少」が大きいことが分かった。

 準農業地域(都市計画法の線引き指定が行われていない市町村内の旧市町村)の農地価格(全国平均)は、中田(収量水準やほ場条件が標準的な田)の価格は10a当たり130万1000円で、前年比1.4%、中畑(同・畑)は95万円で1.3%それぞれ下落した。中田、中畑ともに平成7年以降19年連続で下落した。
 下落要因として、中田では「米価など農産物価格の低迷(30.8%)が最も大きく、次いで農業に対する見通しが立たないことなどによる「農地の買い手の減少」(23.5%)、「生産意欲の減退」(13.7%)が続く。
 また中畑では「農地の買い手の減少」(26.6%)が最も大きく、次いで「農産物価格の低迷」(19.7%)、「生産意欲の減退」(18.1%)が続く。

ブロック別農地価格


(関連記事)

「フェアな競争関係」が農協を強くする(2014.03.17)

農林中金が法人協会とパートナーシップ協定(2014.03.07)

農地中間管理事業で特例 26年度税制改正(2013.12.24)

貸付ルールが焦点 農地中間管理機構法案(2013.10.23)

農地集積バンクに1000億円超 26年度予算(2013.08.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ