農政 ニュース詳細

2014.04.23 
【TPP】日米の溝埋まらず一覧へ

 オバマ大統領の訪日を前に米国USTR(通商代表部)のカトラー次席代行が来日。TPP政府対策本部の大江首席交渉官と4月21、22日に事務レベル協議を行ったが双方の隔たりは埋まっていない。

 22日夕、協議を終えた大江首席交渉官代理は「まったく進展がなかったかといえばそうではないが、非常に大きく間合いが狭まったという状況ではない」と述べた。
 オバマ大統領は23日に来日する。首脳会談まで「秒読み段階」に入ったが、大江首席交渉官代理は「首脳会談があるからここまで行かなくてはいけない、ここまで行きたいということではない」と述べた。今後も協議は双方で連絡を取り合って行う姿勢だが、具体的には決まっていない模様だ。 林農相も22日の会見で「オバマ大統領が訪日されることがひとつの節目であることは事実だが、期限を設けて交渉するということがわが方が不利になる可能性もある。そういうことをせずにわが国の国益を最大限に実現していくように努力を傾けることに尽きると思っている」と述べた。
 TPP交渉についてはこの日開催された食料・農業・農村政策審議会企画部会でも松島浩道総括審議官が委員に説明した。 そのなかで「日米間で一定の合意があったかのような報道があるが、そういった事実はない。何も両国間での合意はなく、事務レベルの協議が継続されている状況」と強調した。
 また、TPP政府対策本部は、事実に反する報道で現場に混乱が起きていることから21日に記者ブリーフィングを開き、「昨今の加熱した報道で相手国との信頼関係を著しく損ねるなど交渉に悪影響が生じている。正確な報道を」と報道機関に要請した。


(関連記事)

【TPP】日本に関税ゼロ要求 米国議員が書簡(2014.04.23)

【TPP】国会決議の実現求め緊急集会 JA全中(2014.04.22)

TPPの分断政策には乗らない(2014.04.21)

【TPP】米国強硬姿勢変わらず(2014.04.16)

TPPで半失業社会がやってくる?(2014.04.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ