農政 ニュース詳細

2014.12.01 
農業技術の研究功労者 7人を表彰一覧へ

 農水省、農林水産・食品産業技術振興協会は11月25日、平成26年度農業技術功労者表彰の受賞者を発表した。

 この賞は、農業技術の研究や普及指導などで功績のあった人を表彰するもの。
 今年度は、現行の技術では約1週間ほどかかる残留農薬分析を2時間ほどに短縮する新技術を開発した宮崎県総合農業試験場の安藤孝氏、福島第一原発事故をうけて農産物の放射性物質検査の体制整備などに尽力した福島県農業総合センターの吉岡邦雄氏など7人が受賞した。

 全受賞者と研究内容は次の通り(敬称略)。
▽「超臨界流体抽出法による残留農薬多種類高効率分析技術の開発」安藤孝・宮崎県総合農業試験場生産流通部部長
▽「麦類の新品種育成と半数体育種法の開発」牛山智彦・長野県南信農業試験場場長
▽「農業経営の多角化と農村資源マネジメントに関する研究及び普及」大江靖雄・千葉大学大学院園芸学研究科教授
▽「農作業の自動化とセンシングシステムの開発並びに普及」近藤直・京都大学大学院農学研究科教授
▽「但馬牛の改良と効率的な飼養管理技術の開発」野田昌伸・兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センター所長
▽「落花生の新たな商品開発と葉菜類の鮮度保持に関する研究」日坂弘行・千葉県夷隅農業事務所次長
▽「原子力発電所事故に伴う放射性物質関係試験研究と対策技術の構築」吉岡邦雄・福島県農業総合センター作物園芸部専門員

 研究内容について、詳しくは農水省ホームページで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ