左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農家所得向上との関連 「法案作成で説明を」2015年2月13日

一覧へ

萬歳全中会長が会見

 JA全中の萬歳章会長は2月12日、外国特派員協会で記者会見し農協改革が農家の所得増加にどう結びつくのか、今後の法案作成の過程でも引き続き政府に説明を求めていく考えを強調した。

来日していたICA(国際協同組合同盟)のグリーン会長、バンセル理事とともに会見

来日していたICA(国際協同組合同盟)のグリーン会長、バンセル理事とともに会見した。

萬歳会長は9日に農協改革の骨格案について政府・自民党に了承すると伝えたことについて「おおむねわれわれの考えと一緒だと、先般、判断した。ただ、中央会制度の組織改編が農業所得にどうつながっていくのか説明が足りない状況にある。明確に政府のほうから説明願いたい」と述べ「これから法律案を作る際には細部にわたって検討してもらいたい。その点がまだ残念だ」と強調した。

一方、中央監査制度の改革については「全中にある監査機構を外出ししても内容的には変わらないということを担保すると政府・自民党の考え方のなかで示された」と話し「その線に沿って法律案の内容を詰めていただきたい」と政府に求めた。 こうした点ととともに「准組合員の利用制限については5年間は状況をみるということになった。それも含めておおむね了解した」と話した。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る