左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農地価格20年連続下落 純農業地域 農産物価格の低迷で2015年4月8日

一覧へ

農地価格の下落に歯止めがかからない。
このほど全国農業会議所が発表した平成26年田畑売買各等に関する調査によると、純農業地域の農地価格は20年連続で下落。米価などの農産物価格の低迷が影響している。

 純農業地域の農用地区域の農地価格は全国平均で水田が10aあたり129万6000円で前年比1.3%下落。畑が同94万2000円で1.1%下落した。田畑ともに平成7年以降連続の下落となった。
 田畑ともにすべてのブロックで下落し、水田は北海道(▲0.7%)、東北( 2.0%)、北信(▲1.8%)沖縄(▲3.1%)で前年よりも下落幅が拡大した。畑は東北(▲1.6%)、東海(▲1.7%)、近畿(▲1.0%)、四国(▲0.9%)で下落幅が拡大。
 下落の要因は、水田では「米価など農産物価格の低迷」(29.8%)がもっとも大きく、次いで農業の先行き見通しがたたないことなどによる「農地の買い手の減少」(28.8%)、後継者不足」(12.2%)が続く。畑では「農地の買い手の減少」(30.8%)がもっとも大きく、次いで「農産物価格の低迷」(16.8%)、「生産意欲の減退」と「後継者不足」が13.6%だった。
 一方都市的農業地域の市街化調整区域の農用地区域の農地価格は、水田が368万1000円で1.8%の下落、畑が350万円で1.6%下落しており、下落幅は前年からほぼ一定となっている。下落要因は、「農地の買い手の減少」が水田で36.3%、畑で47.2%を占めた。なお、これまでの最高価格は純農業地域の水田で平成6年の200万2000円、畑で137万8000円。都市的農業地域で、平成4年の同じく1121万3000円、1122万1000円だった。
 調査対象地であるそれぞれの旧市町村で、収量水準やほ場条件が標準的な水田および畑を調べた。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る