農政 ニュース詳細

2015.04.08 
農地価格20年連続下落 純農業地域 農産物価格の低迷で一覧へ

農地価格の下落に歯止めがかからない。
このほど全国農業会議所が発表した平成26年田畑売買各等に関する調査によると、純農業地域の農地価格は20年連続で下落。米価などの農産物価格の低迷が影響している。

 純農業地域の農用地区域の農地価格は全国平均で水田が10aあたり129万6000円で前年比1.3%下落。畑が同94万2000円で1.1%下落した。田畑ともに平成7年以降連続の下落となった。
 田畑ともにすべてのブロックで下落し、水田は北海道(▲0.7%)、東北( 2.0%)、北信(▲1.8%)沖縄(▲3.1%)で前年よりも下落幅が拡大した。畑は東北(▲1.6%)、東海(▲1.7%)、近畿(▲1.0%)、四国(▲0.9%)で下落幅が拡大。
 下落の要因は、水田では「米価など農産物価格の低迷」(29.8%)がもっとも大きく、次いで農業の先行き見通しがたたないことなどによる「農地の買い手の減少」(28.8%)、後継者不足」(12.2%)が続く。畑では「農地の買い手の減少」(30.8%)がもっとも大きく、次いで「農産物価格の低迷」(16.8%)、「生産意欲の減退」と「後継者不足」が13.6%だった。
 一方都市的農業地域の市街化調整区域の農用地区域の農地価格は、水田が368万1000円で1.8%の下落、畑が350万円で1.6%下落しており、下落幅は前年からほぼ一定となっている。下落要因は、「農地の買い手の減少」が水田で36.3%、畑で47.2%を占めた。なお、これまでの最高価格は純農業地域の水田で平成6年の200万2000円、畑で137万8000円。都市的農業地域で、平成4年の同じく1121万3000円、1122万1000円だった。
 調査対象地であるそれぞれの旧市町村で、収量水準やほ場条件が標準的な水田および畑を調べた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ