左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

伸びない個人企業の売上高 総務省「平成26年度個人企業経済調査」2015年5月28日

一覧へ

 総務省は5月26日、「個人企業経済調査(動向編)平成26年度結果」と同「平成27年1?3月期結果(確報)」を公表した。

 この調査による、平成26年度の業種別の売上高および営業利益は次の通り。


【製造業―営業利益4.5%減】
 1事業所当たり売上高は、907万1000円。これに対する費用は、売上原価が303万4000円、営業費が354万4000円。売上げからこれらの費用を差し引いた営業利益は249万3000円。
 対前年度比では、売上高は0.0%でほぼ同額。営業利益は▲4.5%と5年ぶりに減少した。

【卸売業、小売業―売上げ3年連続で減少】
 1事業所当たり売上高は1611万3000円。売上原価は1088万2000円。営業費352万6000円。営業利益は170万5000円だった。
 対前年度比は、売上高▲1.1%で3年連続の減少。営業利益は▲2.5%で2年ぶりに減少した。

【宿泊、飲食サービス業―営業利益0.9%増】
 1事業所当たり売上高は851万4000円。売上原価は353万7000円。営業費335万8000円。営業利益は161万8000円だった。
 対前年度比は、売上高は0.0%でほぼ同額。営業利益は0.9%増と2年連続で増加した。

【サービス業―売上げは減、営業利益は増】
 1事業所当たり売上高は496万8000円。売上原価84万3000円。営業費236万2000円。営業利益は176万4000円だった。
 対前年度比は、売上高は▲1.7%と2年ぶりに減少。営業利益は0.3%増と2年連続して増加した。

 また27年度1?3月の1事業所当たりの売上高および営業利益は次の通り。
【製造業】売上高218万2000円(前年同期比▲4.8%)、営業利益59万5000円(同▲9.0%)
【卸売業、小売業】売上高360万1000円(同▲10.1%)、営業利益39万4000円(同▲14.9%)
【宿泊業、飲食サービス業】売上高204万2000円(同+1.2%)、営業利益37万3000円(同+9.4%)
【サービス業】売上高122万7000円(同+11.3%)、営業利益39万5000円(同+12.2%)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る