農政 ニュース詳細

2015.05.29 
企業年金資産残高5兆2000億円増加 企業年金の受託概況一覧へ

 (一社)信託協会、(一社)生命保険協会、JA共済連は、3業態(信託、生命保険、JA共済)にかかる企業年金(確定給付型)の平成27年3月末現在の受託概況(速報値)をまとめた。

 企業年金(確定給付型)の受託件数は、厚生年金基金が444件、確定給付企業年金が1万3884件となっている。
 企業年金(確定給付型)の資産残高は、前年よりも5兆2095億円増(+6.2%)の89兆7518億円となっている。資産残高の内訳は、厚生年金基金が31兆2882億円(対前年比+1.2%)、確定給付企業年金が58兆4636億円(同+9.0%)となっている。業界別では、信託業界が73兆4078億円で全体の81.8%を占め、生命保険業界が15兆9197億円で同17.7%、JA共済連が4242億円で0.5%となっている。
 企業年金(確定給付型)加入者数は、厚生年金基金が363万人、確定給付企業年金が782万人となっており、加入者総数では制度への重複加入はあるが1145万人と、民間サラリーマン(推定3527万人)の3人に1人が企業年金に加入していると推定できる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ