農政 ニュース詳細

2015.10.26 
田の賃借料 調査開始以来最大の下落一覧へ

 (一財)日本不動産研究所は10月22日に今年3月末現在の田畑価格と賃借料の調査結果を公表した。

 全国平均の普通品等10aあたりの田畑の価格は、田が76万2323円、畑が45万820円で前年にくらべて田は▲4.2%、畑は▲2.4%下落した。
 田は平成5年以降23年連続で下落、畑は平成4年以降24年連続で下落。田畑価格は昭和52、53年の価格に近い水準まで下落した。田価格はこれまで最高だった平成4年の119万2792円の63.9%、畑価格は最高だった昭和62年の68万2466円の66.1%の水準となった。
 アンケート結果では田価格が下落した理由は「米価の下落」31.1%がトップでついで「農業後継者の減少」24.3%、「高齢化」18.9%だった。「米価の下落」は前回は17.2%と4位だったが2年連続の米価の大幅な下落で田価格下落の最大の要因となった。同研究所によると、高齢化と後継者不足による農業経営の持続性が危ぶまれるなか、2年連続の米価下落が農業収益に与える影響は大きく、減反廃止の方向性も打ち出されるなか、先行き不安から田の需給緩和が進行していると分析している。
 畑価格下落の要因は「農業後継者の減少」21.1%、「高齢化」21.0%、「買い手がいない」19.0%など。前年とほぼ同様となっている。
 田畑賃借料は田が9565円、畑が5297円。前年にくらべ田は▲8.3%、畑は▲3.4%とそれぞれ低下した。変動率は田の下落幅は5.0ポイント、畑は2.0ポイントとそれぞれ大きく拡大した。田賃借料は大正10年(1921)の調査開始以来、最大の下落となったという。
 田の賃借料は25年、26年産と2年連続の米価下落の影響で、米の名産地や条件のいい水田でも賃借料の引き下げ傾向が具体化。また、条件不利地域では借り手がいない状況がさらに進んでいるため下落傾向が大きく拡大している。

(関連記事)

農地価格20年連続下落 純農業地域 農産物価格の低迷で (2015.04.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ