農政 ニュース詳細

2015.11.18 
台風15号農作物被害16万ha 7月ー9月の農作物被害自然災害まとめる一覧へ

農水省

 農水省は、今年7月から9月までに発生した農作物被害のうち、被害見込金額が総額10億円以上のものをまとめ17日に公表した。

 被害見込金額10億円以上が発生したのは、8月1日及び2日の降ひょう等による農作物被害、台風15号による農作物被害、9月の関東・東北豪雨(台風18号による大雨)による農作物被害だ。
 8月1日および2日の降ひょう等による被害面積は2390ha、被害見込金額は22億2000万円で、主な被害発生地域は、群馬県12億5000万円)、長野県(9億2200万円)、栃木県(4000万円)などとなっている。もっとも被害を受けた作物は、キャベツなどの野菜で20億1000万円(被害総額の91%)となっている。
 台風15号による被害面積は16万2000ha、被害見込金額は78億5000万円となっている。主な被害発生地域は、熊本県(28億5000万円)、福岡県(14億9000万円)、新潟県(10億2000万円)など。もっとも大きな被害を受けた作物は日本ナシなどの果樹で28億6000万円(被害総額の36%)、次いで水稲の23億8000万円(同30%)、しょうが等の野菜が16億5000万円(同21%)となっている。
 9月の関東・東北豪雨(台18号等による大雨)による被害面積は2万1300ha、被害見込金額は48億4000万円となっている。主な被害発生地域は、茨城県(31億3000万円)、栃木県(10億2000万円)、宮城県(4億5400万円)などで、作物別の被害見込金額は、水稲が34億5000万円(被害総額の71%)ともっとも多く、次いでいちご等の野菜が8億8900万円(同18%)、大豆などの雑穀・豆類が3億8400万円(同8%)となっている。

(関連記事)
台風18号と15号被害へ 共済金早期支払い等10の対策を発表 農水省 (15.10.28)

台風18号被害 金利軽減の措置開始 日本公庫 (15.10.28)

北関東の台風被害で自民党が大臣要請 (15.10.21)

台風18号水害被害でJAグループ茨城が緊急要請 農水省は激甚災害に指定 (2015.10.08)

農産物の損傷1万6500ha-台風18号被害 (15.09.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ