農政 ニュース詳細

2018.09.03 
7月豪雨非常災害緊急報告会開催 農業農村工学会一覧へ

 (公社)農業農村工学会は、平成30年7月豪雨非常災害に関する対策本部(本部長:青山威康京都大学名誉教授)を7月9日に設置。この活動の一環として、農業・農村のインフラを主体に7月豪雨非常災害の状況と対応について報告会を開催する。

 広範囲で記録的な大雨となった7月豪雨から2か月経過した。田畑に土砂・流木、農道・水路・かん水施設は壊れ、果樹園は流され、多くのため池も被害に遭っている。
 農家の早期営農再開への期待に応えるため、農業・農村のインフラを担当する農業農村工学関係者は、全国から結集して復旧・復興に全力をあげて取り組んでいる。これから台風や秋雨前線による新たな災害が懸念されるなか、被害拡大防止の参考となればと、7月豪雨非常災害の状況および対応について、行政・研究の両面から緊急企画として報告会を開催することにしたという。

 

【報告会の概要】
○日時:9月6日、13:40~16:00
○場所:京都大学農学部総合館3階
○主なプログラム:ため池、農地、果樹園、地番・構造物、水文、氾濫解析、農村など各分野の専門家8名が報告する。
○問い合わせ先:(公社)農業農村工学会調査研究部 中村、宇津木
○TEL:03-3436-3418

 

(関連記事)
防災・減災対策室設置へ-31年度 農水省の組織・定員要求(18.08.31)
【西日本豪雨被災地ルポ】本格復旧はこれから  後片付けに追われる(18.08.28)
災害復旧で即戦力を急募 愛媛県(18.08.28)
被災共同利用施設の再建支援-豪雨被害対策(18.08.09)
西日本豪雨の爪痕、各地で生々しく 農業被害の実態把握に懸命(18.07.27)
建物更生共済受付件数2万6354件に(18.07.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ