金融・共済 ニュース詳細

2018.07.27 
建物更生共済受付件数2万6354件に一覧へ

・JA共済、平成30年7月豪雨の損害調査状況

 JA共済連は、7月26日時点の「平成30年7月豪雨」および「大阪府北部を震源とした地震」にかかわる建物更生共済の損害状況についてまとめた。

◎7月豪雨の損害調査状況
 建物更生共済事故受付件数の合計は、2万6354件、うち損害調査終了件数は2万3673件(損害調査終了率89.8%)となっている。
 県別には、岡山県4686件、損害調査終了件数4550件(同97.1%)、広島県5011件、同3508件(同70.0%)、愛媛県3007件、同2978件(同99.0%)、その他38県で1万3650件、同1万2637件(同92.5%)となっている。
自動車共済の事故受付件数は、合計で2954件、うち損害調査実施件数は2494件で調査実施率は84.4%となっている。これを県別にみると、岡山県823件でうち調査終了は757件(同92.0%)、広島県が740件で同612件(同82.7%)、愛媛県747件、同617件(同82.6%)、その他38県で644件、同508件(同78.9%)となっている。

 

◎大阪府北部を震源とする地震の損害調査状況(建物更生共済)
 合計で2万7131件、うち損害調終了件数は2万4187件(同89.1%)。県別にみると、大阪府2万3365件、同2万1169件(同90.6%)、京都府1772件、同1441件(同81.3%)、兵庫県1722件、同1328件(同77.1%)、その他8県で272件、同249件(同91.5%)となっている。

 

(関連記事)
豪雨被害を激甚災害に指定-政府(18.07.25)
農林水産被害額1400億円超す-7月豪雨(18.07.25)
平成30年7月豪雨損害状況 JA共済連(18.07.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ