想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ツマジロクサヨトウの被害を初確認 宮城県病害虫防除所2020年9月4日

一覧へ

宮城県病害虫防除所は9月3日、ツマジロクサヨトウによる飼料用トウモロコシへの被害を初めて確認したと発表した。ほ場を見回り早期発見に努め、被害防止を図るよう促している。

トウモロコシ(実)の先端部を食害中のツマジロクサヨトウトウモロコシ(実)の先端部を食害中のツマジロクサヨトウ

県南部で栽培されている飼料用トウモロコシでツマジロクサヨトウの疑義幼虫が9月1日に発見され、横浜植物防疫所に依頼した同定の結果、翌2日にツマジロクサヨトウであることが正式に確認されたもの。
県内ではこれまで、フェロモントラップで雄成虫が確認され、本種幼虫によるスイートコーンへの被害も確認していた。

飼料用トウモロコシでの確認は今回が初めてで、トウモロコシ(実)の先端部を食害し、虫ふんとともに確認された。

播種が遅い作型では今後も被害が発生する可能性があるため注意を促すとともに、発生を認めた場合は参考リストに基づいて農薬による防除を行うよう求めている。現時点でツマジロクサヨトウに対する登録農薬はない。

農薬による防除が困難な場合は、収穫が可能であれば早期収穫・調製を実施し、発生したほ場では、収穫後に残った株や土壌中に幼虫やさなぎが残る可能性があるため、速やかに複数回の耕耘を行うことも求めている。

【宮城県病害虫防除所】

(関連記事)
「ツマジロクサヨトウ」を北海道で初確認 北海道病害虫防除所

ツマジロクサヨトウを確認 青森県 東北で今年5県目

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る