Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

神谷裕 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月16日

一覧へ

神谷裕 衆議院議員神谷裕 衆議院議員

○神谷裕
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:比例区 北海道
○出身地:東京都豊島区

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
国民の安心安全に直結するワクチン接種は、スタートの遅れは否めませんが、今後も速やかに着実に進めていただきたい。又、コロナ感染症による重症患者の増加がコロナ感染症以外の医療を圧迫し、甚大な影響を及ぼしています。コロナ感染に対応する医療と通常の医療が両立する医療体制へ見直すことにより、新たに国民の間に広がっている不安を払拭することが急務と思います。

【2】今後のコロナ対策についての提案
感染者のゲノム解析により、誰が誰に感染させたのかの経路がわかります。
スマホの行動履歴と合わせれば、感染経路の特定とどこに気を付ければ良いかがわかります。そこで効果的な感染抑制が出来れば、極力感染を封じ込める事が可能であると思います。あわせて、入出国管理の際の水際対策の厳格化、医療機関、コロナ対応医療従事者、生活者・事業者支援に取り組んで参ります。感染拡大の波を十分に収束させ、その状態を継続させることで感染を封じ込め、通常に近い生活、経済活動をとりもどしていくことで国民生活と経済を力強く再生させて参ります。また、コロナ禍にあって新しい生活様式を求められ定着して参りましたが、今後はこれからも起こり得るであろう様々なリスクに速やかに対応できる社会の構築を考えていかなければならないと思います。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について
これまでの「公務員たたき」や「官から民へ」に代表される「小さな政府」への動きも大きく転換される契機になるのではないかと思います。「小さな政府」がもたらした一つの結果として「持続化給付金」等の公的な事務は民間団体に委ねられましたが、民間団体は再委託、再々委託、更にその下へと手数料だけをとって下請けに回す実態も明らかになりました。本来は国や自治体が行うべきではなかったかと思います。
また、今回のコロナ禍でのマスク不足を端に発して、マスクはじめ日常生活において欠かせない日用品、食料品を海外に依存し過ぎていることを再認識しました。これを機に国内生産力を維持すると共に、自給率を高めるための見直しをすべきだと思います。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る