左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全登録農薬4378件を収録 『農薬安全適正使用ガイドブック2013』刊行  全農薬2013年1月15日

一覧へ

 全国農薬協同組合(全農薬)、全国農薬安全指導者協議会(安全協)は12月、『農薬安全適正使用ガイドブック2013年版』を発行した。

『農薬安全適正使用ガイドブック2013』 本ガイドブックは農薬の安全使用の手引きとして好評を得ている。今版は平成23年8月から平成24年7月末までに新たに登録された151件を含む、国内で登録されている173社・4378件の農薬を殺虫剤、殺菌剤、除草剤など使用分野別に薬剤種類名順で、商品名、メーカー名、有効成分、毒性・消防上の注意、注意マーク、包装・仕様、適用作物、適用病害虫・雑草、安全使用上の注意事項などを分かりやすく列記している。また、巻末には農薬登録における適用作物名や毒物・劇物の判定基準などの諸法令、全農薬の会員や全国の農薬関係官公庁・団体名簿などを掲載している。
 2012年版に比べて登録農薬件数は75件、有効成分数は4種類減ったが、延登録件数が2万3098件で150件ほど増えたため、登録農薬のページ数は40ページほど増えた。登録件数は殺虫剤、殺菌剤、殺虫殺菌剤、除草剤が減り、農薬肥料、植物成長調整剤が増えた。殺そ剤、殺菌植調剤は変わらず。
 全農薬の青木邦夫理事長は「適正で効率的な防除と安全・安心な農薬使用のため、本書を活用してほしい」とコメントしている。
 サイズはB5版で定価4200円(税込、送料別)。
 購入の申し込みや問い合わせは全農薬ホームページまたはTEL(03-3254-4171)で。


(関連記事)
【人事速報】 全国農薬協同組合 (11月21日付) (2012.11.26)

農薬安全コンサルタントの資質向上をめざす 安全協が全国集会 (2012.11.26)

変わってきたホームセンターの農薬販売 安全協が意見交換会 (2012.07.23)

住友化学からマラソン剤の販売委託 全農薬 (2012.06.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る