左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬による人的事故・被害 前年より2件増、死亡事故も 農水省2019年2月19日

一覧へ

 農水省は農薬による事故防止対策の一環として、厚労省と連携して事故や被害を調査しとりまとめている。2月15日、平成29年度の調査結果を公表した。

 これによると、人への事故・被害は21件で被害人数は38人。前年度に比べて件数で2件、人数で15人増えた。また、死亡者が1人と前年はいなかったため増加に転じた。
 農作物や家畜などへの被害は農作物3件、魚類13件の計16件で前年より5件増えた。魚類への被害の傾向としては、不要になった農薬を河川などに廃棄したことが主な原因となっている。家畜への被害はなく、自動車・建築物などへの被害もなかった。
 人への事故・被害の原因で多いのは、管理・取り扱いがずさんだった、泥酔などで誤飲誤食した例が6件、散布時の装備不十分が6件などだった。
 農水省では、この調査結果を受けて、▽農薬を飲料の空容器に移し替えないこと▽飲料品と分けて保管・管理すること▽散布時にはメガネ・マスクなど防護装備を着用すること、などを徹底するよう呼びかけている。
 また、この調査結果を活用して、関係省庁や自治体と連携した「農薬危害防止運動」を実施するとしている。

 

(関連記事)
農作業リスクが一発で JA共済連が診断サイト開設(18.11.30)
農作業事故は年間7万件発生と推測 JA共済連(18.08.10)
【平成30年度農薬危害防止運動】農作物・生産者・環境の安全を(18.05.31)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る