人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

東北大学と「バイオロジカルソリューション共創研究所」開所 三井化学クロップ&ライフソリューション2023年10月13日

一覧へ

三井化学クロップ&ライフソリューションと、東北大学は10月1日、革新的なバイオロジカルソリューションテーマの探索とその社会実装を追究する研究拠点として、「三井化学クロップ&ライフソリューション×東北大学バイオロジカルソリューション共創研究所」を設置。同連携拠点は東北大学における共創研究所の制度を活用して東北大学青葉山キャンパスに設置された。

研究所が設置される青葉山キャンパス内の東北大学薬学研究科研究所が設置される青葉山キャンパス内の東北大学薬学研究科

三井化学クロップ&ライフソリューションは、2030年の企業像として、「研究開発を基盤に、変化をリードし、製品・サービスを通じてサステイナブルな食と生活に貢献するグローバル・ソリューション・カンパニー」となることを目指している。同社は従来の強みである化学農薬に加え、4月に吸収合併したMMAG(旧MeijiSeikaファルマ農薬事業)が強みとする天然物創薬基盤を活かし、化学農薬と天然物農薬の両輪で成長を牽引するポートフォリオ変革(PX)を推進する。

PX実現に向け研究基盤の強化を目指し、同社は今春、バイオロジカルソリューションリサーチセンターを新設し、天然物創薬基盤をもとにしたバイオソリューション研究の強化に着手。さらにアカデミアとの協業によるオープンイノベーションにより、革新的技術を導入することで、研究開発を加速させる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る