食品流通 ニュース詳細

2019.06.26 
個人利用供給高36億円増 パルシステム総会一覧へ

 パルシステム生協連は、6月24日に都内で第37回通常総会を開催し、2018年度事業報告や19年度事業計画、第17期役員選任の件などの議案をすべて可決承認した。また、この総会で退任した石田敦史理事長に代わり、大信政一専務理事が代表理事理事長に選出された。

20190626 パルシステム総会総会終了時に退任が決まっていたため、
自身の46年におよぶ生協での経験を振り返りながら開会のあいさつする石田敦史理事長

 

 2018年度のパルシステム会員生協(13生協)の事業概況は、
▽組合員数:150万879人、前年度比103.7%、5万3779人増
▽供給高:2062億6400万円、同101.5%、29億8700万円増。うち個人利用は1938億9000万円、同101.9%、36億1700万円
となっている。
 1人1回当たり5665円で同6円減。1人1回当たり利用点数は13.6点で前年度より0.3点減となった。
 総会では、2018年度事業報告・決算報告や19年度事業計画および予算、第17期役員選任など7議案が、前回一致で可決承認された。
 また、この総会で退任した石田敦史代表理事長の後任に、大信政一専務理事を選任した。
 大信氏は1960年生まれの58歳。2002年にパルシステム生協連執行役員、04年パルシステム神奈川ゆめコープ専務理事、13年パルシステム共済生協連常務理事、17年同専務理事、パルシステム生協連理事に就任している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ